患者の最期に関わるということ

ターミナルは終末期のことで、余命わずかになってしまった人へ行うケアをターミナルケアと呼びます。
延命を行わないことで、患者や家族の個別の痛み苦しみに対応し、穏やかに最期の時を迎えることができるようにするのが目標となります。
具体的には、直接的な治療は行わず、バイタル測定や症状の緩和を目的としたケアを行います。
また患者だけでなく、家族へのケアも必要です。
一緒に暮らしてきた家族の相談に対応するのも大切な仕事の1つです。
困っていることなどを聞き、丁寧に応えていく仕事です。
老衰や末期ガンなどターミナルの患者は多いですが、特に認知症患者の延命は難しく、ターミナル近くになると意思確認ができなくなってきます。
本来なら本人の意志で決めるところですが、最終的な確認を家族の意志に委ねることになります。
痛みなどへの反応も鈍くなるため、意思疎通が難しくなるがために、苦痛を訴えられない人もいます。
認知症患者では本当に苦痛がないのか、苦痛を訴えることができないのか判断が難しくなるところです。
ターミナルケアのポイントは、いかに穏やかに最期を過ごせるかということになりますので、家族がいる人でも家族と一緒に看護師が時間を過ごし、家族がない人でも看護師が寄り添うことになります。
看護師として重要なところは、仕事と私生活をうまく切り分けることです。
他人の痛みを理解してしまい同調して自分まで苦しくなると、患者や家族のために冷静にケアができなくなります。
難しいことですが、物事をきれいに諦めることがターミナルケアに必要なことだといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です