ターミナルケアの受け入れ方

クオリティー・オブ・ライフという言葉が広まったことによって、ターミナルケアを行う医療スタッフがどういった姿勢をもって患者に接していかなければならないか、ということの基本的な考え方が明確になってきました。
患者がもっている病気を治すということよりも、今後のクオリティー・オブ・ライフを向上させることを優先して考えるというのが基本理念です。
医療機関においては治療するということを大前提においていることが多いため、しばしばこういった考え方を受け入れるのに苦労する場合もあります。
特にターミナルケアの存在を良く知らずに医療業界を目指してきてしまった人にとっては、なかなか受け入れづらいものがあるのも事実であり、その現場の経験を苦にしてやめてしまう人もいるほどです。
そういった状況にならないために重要となることとして、クオリティー・オブ・ライフの向上を目指すこともまた医療であるという認識を持つ努力をすると良いでしょう。
医療というと治療だと考えてしまいますが、患者が治療を受けることによってクオリティー・オブ・ライフの向上を望むからこそ治療が行われるというのが事実です。
治療を行わずに別の方法でクオリティー・オブ・ライフを向上させることを患者が選んだのであれば、それを尊重するのが医療スタッフの責務でしょう。
医療とは治療を行うものではなく、患者のクオリティー・オブ・ライフを高めるためのものであるという理解をするとターミナルケアを受け入れられるようになっていきます。
そして、ターミナルケアについて「日本のターミナルケアを考える」を読んでじっくり考えてみると、より一層受け入れやすくなるのではないでしょうか。