患者の意見を反映することが大切

ターミナルケアは、重病患者の最期をしっかりと見届けるうえでも、非常に重要なケアのひとつであり、各地の医療機関においては、設備やスタッフ、研修機会の充実が重要なテーマとしてみなされています。
例えば、末期がんの治療に関しては、手術や抗がん剤などの治療の成果が望めないことがしばしばありますが、最期を穏やかに過ごしたい場合には、こうしたケアを希望することが一般的となりつつあります。
総合病院や大学病院を始め、全国の高度な医療機関において、こうしたケアを上手く行うことができる体勢が用意されており、幅広い年代の患者からの注目が集まっています。
また、このような医療機関で働く医師や看護師などのスタッフは、医療に関する知識や技術だけではなく、倫理観が求められることがあるため、人間としての道徳やモラルをしっかりと高めることが大事です。
ターミナルケアの進め方については、医療スタッフが一方的に決めるのではなく、患者の意見を最大限に尊重することがポイントといえます。
そして、スタッフと患者本人、家族が互いに協力をすることにより、クオリティー・オブ・ライフを向上させることが大きな目的です。
ターミナルケアの善し悪しを左右することについては、今や様々な場面で取り上げられることがありますが、食事や入浴、排せつなどを何一つ不自由なく行うことが最低限必要とされます。
これからも、こうしたケアの必要性や充実度について関心を持つ人々が増えるとみられます。